ファイナンシャルプランナー(2級)とは

ファイナンシャルプランナーとは、簡単に説明をすると、将来の夢や願いを叶えるために必要になる資金をどのようにしてやりくりし、ねん出していくか、それを生活スタイルや年収・支出などありとあらゆる方面からトータルで見て、どうしたらいいのか一緒に考えることができる知識を持った人を指します。

しかしながら、ファイナンシャルプランナーといっても国家試験を受けなければ取得できない資格もあれば、民間で取得できるものがあります。ファイナンシャルプランナー2級は国家試験を受けFP技能士という資格を取得することになります。国家資格ですので、決して容易なものではありませんが、仕事をする傍らで資格の取得をされる方もいますので、勉強の仕方によっては通信教育などを利用していくのも良いでしょう。

ファイナンシャルプランナー2級の合格率は比較的高いとされており、かつ年に3度試験が行われているため、仮に一度の試験に落ちてしまったとしても、次の試験までの期間が比較的短いため、やる気を維持することができます。また、100点満点中、60点を超える点数が取れれば合格となります。やった分だけが点数となって現れますので、やればやっただけ満足度も高くなるでしょう。

本来なら、きちんとスクールに通って資格取得のための勉強をするに越したことはありませんが、通信教育などでも十分な知識を得ることができるため、無理をしてスクールに通わずとも資格取得は可能です。


>>次ページからは:勉強法にはどのようなものがあるの?

>>独学での勉強について知りたい方はこちら
>>勉強法ごとのテクニックはこちらが便利

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.