ファイナンシャルプランナー2級の資格取得のための独学のデメリット

ファイナンシャルプランナー2級の試験を受けるために、独学で頑張っている方もたくさんいます。それが報われ合格されている方も数え切れないほどいます。独学は、挫折しやすいと言われているのが現状ですが、正解が6割あれば資格試験に合格できることもあって、独学で勉強される方も少なくないのが、このファイナンシャルプランナー2級という資格の特徴です。

ただ、すべての方に独学が向いているというわけではありません。独学というと、自分の生活スタイルに合わせて勉強をしていくことになりますので、空いている時間にできる、費用も安く済むというメリットがある半面、いつでも勉強できるという思いからなかなか勉強が進まないというデメリットがあります。

独学というのは参考書を購入したり、通信教育を利用したりするのが一般的です。参考書や通信教育でも勉強の仕方によってはスクールに通うよりもスムーズに勉強することができることもあるのですが、自宅でできるというところが場合によってはデメリットとなってしまうのです。よって、通信教育などを利用し自宅で勉強をする時は、一日のうちどこで勉強をするのか、予め1週間分の予定を立てて進めていくようにすると良いでしょう。

まとめて勉強をする時間が取れないのであれば、一日の中で数回に分けて勉強する時間を作るなど、100%そのように進まなくても、なるべく予定通りに進めようと努力するようになるため、通信教育などでも十分な知識を得ることができるのです。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.