ファイナンシャルプランナー2級の通信教育を選ぶ基準

通信教育と一口にいっても、様々なものがあります。ファイナンシャルプランナー2級の通信教育においても、受講できるものがたくさんあり、何を基準にどういったことからどんな通信教育を受講すればいいのか悩んでしまう方も実際にはたくさんいます。勉強をする時間がない、短期間で合格しなければならない、仕事をしているため通学する時間がないなど、通信教育は様々な方に利用されているわけですが、それぞれの講座で金額も違えば、教科書の内容なども異なってくるため、しっかりと比較をして選んでいく必要があります。

ファイナンシャルプランナー2級を取得するための知識がどのくらいあるのかどうかでも、選ぶべき基準というものが異なりますが、DVDが付属してくるものから、インターネットを利用して勉強ができるようなシステムを導入しているものなど様々あります。どれが良いのかは人それぞれ異なりますので、まずは資料請求などをしてどのような勉強スタイルなのか、費用はどのくらいかかるのか、自分の生活スタイルに最も合っているものを選んでいきましょう。

高かろう良かろう、安かろう悪かろうではありません。安いに越したことはないので、なぜ同じファイナンシャルプランナー2級の通信教育でも費用を抑えられるのか、そこが明らかであれば、安くても合格への道のりは見えてくると言えるでしょう。ファイナンシャルプランナー2級の試験は、それほど難しくはないとは言われていますが、それでも勉強の仕方によっては合格を左右するため、しっかりと比較していくことが大切です。

ファイナンシャルプランナー2級の独学を支える通信教育

スクールに通うことができない人のためにあるのが通信教育だといっても過言ではないかもしれません。もちろん、スクールに通って勉強するのがベストではありますが、通信教育だからといって侮ってはいけません。独学での資格取得も比較的可能だと言われているファイナンシャルプランナー2級の資格は、独学をサポートするために通信教育を上手に利用し勉強し、合格されている方もたくさんいるからです。

独学では難しい資格がある中で、ファイナンシャルプランナー2級はスクールに通わずとも、仮に全くの無知であったとしても試験に合格できる可能性が高い傾向にあります。ただ、全くの無知の方が一から勉強するとなれば、相応の時間は必要になりますので、ある程度知識がある方に比べたら、しっかりと勉強をしていくことが大切です。

ある程度知識がある方なら、市販の参考書などを利用するだけで試験を受け合格できる場合もあるかもしれませんが、試験の出題範囲はかなり広くどんな問題が出るかがわからないため、過去問などにもしっかりと目を通し問題を解いていくことが大切です。市販の参考書などでも十分な知識は得られますが、通信教育なら添削する講師がいるため、わからないところや間違った問題も素早く解決することができます。そういった意味も含め、独学でのファイナンシャルプランナー2級の勉強には、通信教育をセットにすると、スムーズに進められ試験の一発合格も夢ではないでしょう。

ファイナンシャルプランナー2級の資格取得のための独学のデメリット

ファイナンシャルプランナー2級の試験を受けるために、独学で頑張っている方もたくさんいます。それが報われ合格されている方も数え切れないほどいます。独学は、挫折しやすいと言われているのが現状ですが、正解が6割あれば資格試験に合格できることもあって、独学で勉強される方も少なくないのが、このファイナンシャルプランナー2級という資格の特徴です。

ただ、すべての方に独学が向いているというわけではありません。独学というと、自分の生活スタイルに合わせて勉強をしていくことになりますので、空いている時間にできる、費用も安く済むというメリットがある半面、いつでも勉強できるという思いからなかなか勉強が進まないというデメリットがあります。

独学というのは参考書を購入したり、通信教育を利用したりするのが一般的です。参考書や通信教育でも勉強の仕方によってはスクールに通うよりもスムーズに勉強することができることもあるのですが、自宅でできるというところが場合によってはデメリットとなってしまうのです。よって、通信教育などを利用し自宅で勉強をする時は、一日のうちどこで勉強をするのか、予め1週間分の予定を立てて進めていくようにすると良いでしょう。

まとめて勉強をする時間が取れないのであれば、一日の中で数回に分けて勉強する時間を作るなど、100%そのように進まなくても、なるべく予定通りに進めようと努力するようになるため、通信教育などでも十分な知識を得ることができるのです。

ファイナンシャルプランナー2級の勉強方法

ファイナンシャルプランナー2級を取得するためには、いくつか方法があります。最も考えられる方法としては、スクールや講座に通うというものですが、時間上、なかなかスクールなどに通うことができないという方も実際には少なくありません。そんな時に、通信教育が役に立つわけですが、ファイナンシャルプランナー2級の試験は、ポイントを丸暗記すれば合格するというわけではありません。

参考書などを利用される方も多いわけですが、加えて通信教育を利用することでわからない点をそのままにすることなく、一つ一つ理解しながら進んでいくことができるようになります。通信教育を利用するにあたっては、自身の生活スタイルに合わせて時間を取ることができるため、無理なく勉強をしていくことができるというメリットもあります。また、新聞などに掲載された税に関すること、保険や年金に関することなどが出題されることもファイナンシャルプランナー2級の試験には増えてくるため、参考書や通信教育の教材のみならず、経済新聞などにもしっかりと目を通すということも大切です。

また、ある程度税金や保険などお金に関する知識があると言う方は、独学での勉強でも合格される方はたくさんいますから、仕事をしながらの資格取得も楽とは言いませんが、難しいことではありません。年に3回、資格試験が行われていますので、自分に自信がついたところで試験が受けられますから、焦って試験を受け不合格になってしまうことも少なくなります。

ファイナンシャルプランナー2級を取得するまでの時間は?

生きていく上で、実に役立つ資格と言われているのがファイナンシャルプランナー2級です。回数に限りはあるものの、無料講座やセミナーなどが開催されるくらい、今まさにファイナンシャルプランナー2級という資格は注目を集めています。もちろん、自身のために取得される方もいれば仕事上であったら良い資格であることから、仕事で活かすために取得される方など様々です。たとえば、全く無知の方が一から勉強するのと、ある程度知識のある方が勉強するのとでは、どのくらいの期間で資格が取得できるかが変わってきます。

ただし、ある程度仕事上、知識があったとしても全く勉強をしなくて良いというわけではありません。ファイナンシャルプランナー2級の試験の出題範囲はとても広いため、通信教育などを利用してより専門的な知識を身につけなければ、合格への道のりは遠いのが現状です。

ちなみに、何の知識もない人がスクールに通わずに通信教育の実を利用して勉強した場合、200~300時間ほどは勉強をする時間が必要だとされています。もちろん、これは個人差がありますので一概には言えませんが、ファイナンシャルプランナー3級があるにも関わらず、2級の試験を受けるとなると、やはりそれには相当の時間と努力が必要となるのは言うまでもありません。合格するには4択問題で60%以上正解している必要があります。簡単にいえば、合格するだけならさほど難しくはない試験であるとは言えますが、それを仕事に活かすとなると出題範囲も広いことから、しっかりと勉強をしていくことが大切だと言えるでしょう。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.